コーチ(COACH)のレザーバッグがエイジングでくったり柔らかく!



コーチ(COACH)ファンの皆さん、こんにちは。ブランドスクエアの金子です。

このブログでは、「コーチのレザーバッグがエイジングでくったり柔らかくなった状態」についてお話します。

コーチのレザーバッグを実際に使った感想を書いています。

レザーバッグの経年変化(エイジングによるくったり感)を、少しでもご理解頂ければ幸いです。


■コーチのレザーバッグがエイジングでくったり柔らかくなりました。


コーチ銀座店外壁2013年11月

ブランドスクエアのスタッフが実際に愛用しているメンズとレディースの「コーチ レザーバッグ」をご紹介します。

はじめに、コーチのレザーバッグを使っている感想をお伝えしておくと、次の一言になります。

「コーチ(COACH)のレザーバッグは、作りも革もとてもいいので、まだ使ったことのない方はぜひ、使ってみてください。」ということです。


私たちスタッフが愛用しているレザーバッグは、ブランドスクエアで皆さんに販売しているレザーバッグと同じものです。

コーチのレザーバッグを実際に使った体験記として読んで頂ければと思います。

コーチのレザーバッグの良さが、皆さんに伝われば嬉しいです。よろしくお願いします。


■目次

  1. 「グラブタンレザー」でつくられたメンズバッグ

  2. 「カウハイドレザー」でつくられたレディースバッグ

  3. 「レディース レザーバッグ」の使用シーンをご紹介




1.「グラブタンレザー」でつくられたメンズバッグ


オールレザーの黒い「斜めがけショルダーバッグ」。肩ひも(ショルダーストラップ)やパーツ類以外、すべて革製です。

スタッフのチャールズがサンフランシスコのアウトレットで買ったものです。スタッフの金子が愛用しています。

コーチ メンズバッグ COACH 70105SVBK トランス アトランティック マップ ショルダーバッグ ブラック

・新品の状態です。

コーチ メンズバッグF70105黒

実はこのメンズバッグ、コーチ レザーの代名詞「グラブタンレザー」で作られている逸品なのです。

アウトレットでも「グラブタンレザー」でつくられたバッグを入手することができるんですね。


このメンズバッグの中に付けられている「ストーリーパッチ」には次のように刻印があります。

コーチ ストーリーパッチ F70105

・刻印の英文

THIS IS A COACH BAG.

IT WAS HAND-CRAFTED IN VIETNAM FROM NATURAL GLOVE-TANNED LEATHER .

ITS SUPERIOR CRAFTSMANSHIP AND ATTENTION TO DETAIL REFLECT OUR COMMITMENT TO ENDURING QUALITY.


簡単に翻訳すると、「このコーチ バッグ(F70105)は『ベトナム』で作られ、レザー素材は『グラブタンレザー』である。」となります。

私は、アウトレットでは「グラブタンレザー」のバッグを入手できないだろうと思っていたので、現物を手にした時はとても感激しました。


・新品の状態:革の艶感とヌメリ感が最高です。

コーチ メンズバッグ COACH F70105SVBK

コーチ(COACH)の「グラブタンレザー」は、ブランド創業者のカーン氏によって研究・開発されました。

革の豊かな質感と深みのある輝き、使い込むほどにしなやかさを増す「野球グローブ」に魅力を感じ、同じものを作りたいとの情熱で完成させたのが「グラブタンレザー」です。「グラブとは、野球グローブのこと」だったのです。


「グラブタンレザー」を使ったコーチ(COACH)最初のコレクションは1962年に発表されました。

現在、メンズの「ブリーカー・コレクション」やレディースの「レガシー・コレクション」に採用されている「グラブタンレザー」は、「レトロ・グラブタン・レザー」と呼ばれています。


「レトロ・グラブタン・レザー」は、1958年に完成した「グラブタンレザー」を再現したもの。リラックスした風合いが特徴です。私が愛用中のメンズバッグ(F70105)も、このレザーと思われます。


・使いはじめてから1年ほど経過:正面から見ると新品時とあまり変化はないように見えます。

コーチのメンズレザーバッグ F70105SVBK

このメンズバッグ(F70105)、日本に届いた時から「いいな」と思い、自分用に確保してしまいました。

「いいな」と思ったポイントは、やっぱり革の柔らかさですね。

それと、「お客さんに勧めるからには、自分もコーチのレザーバッグを使ってみないとな。」と常々思っていたので、良い機会だからと使いはじめました。


「使いはじめて1年以上経っていますが、なにも問題はありません」。

「あれ?いつの間にか、ここの縫製がほどけてるよ!」なんて箇所もありません。


むしろ、革がいい感じに「くったり」してきて、どんどん愛着がわいてきました。

使いはじめた時よりも、革がより柔らかくなり、自然な光沢も増したように感じています。

「日々使い続けている方が、レザーの状態は、新品の時よりも良くなっているのではないか。」と思うほどです。


・使いはじめてから1年ほど経過:くったり感が伝われば幸いです。

スタッフ愛用のメンズレザーバッグ F70105SVBK

私のメンズバッグは今、レザー(革)の部分をなでると「すべすべ」「つるつる」していて、とても気持ちがいいんです。

「なでていると、何だか落着きますよ。」

「ホントかよ!?」と思われる方、多いと思います。でも「ホント」です。

なでると「ホッと」しますので、コーチ(COACH)のレザーバッグを使ったことのない方は、ぜひ買って、1年後を楽しみにしていてください。「ホントだったよ!」と言って頂けると確信しています。


このメンズバッグ(F70105)を持って百貨店などにあるコーチ(COACH)のブティック店に、何度か行ったことがあります。

その度に「いつもお使い頂き、ありがとうございます」と店員さんがお礼を言ってくれます。ちょっといい気分になります。

海外のアウトレットで買ったメンズバッグであっても、「コーチ(COACH)ブランドの本物」なので、直営店の店員さんはちゃんと声を掛けに来てくれます。

「レザーが柔らかくて、気に入っています」と返事をすると喜んでくれます。


・使いはじめてから1年ほど経過しています。

スタッフ愛用のコーチ メンズ レザーバッグ F70105SVBK

車のディーラーに修理で行った時には、女性の店員さんが「素敵なレザーバッグですね」と褒めてくれました。

もちろん社交辞令も含んでのことだと思いますが、その後、コーチ(COACH)のレザーバッグについて話題が続きました。

ここでもしっかりと「レザーの柔らかさと、さわり心地の良さ」を自慢しちゃいました。


こんな感じで、ちょっとの事ですが、他人とのコミュニケーションに役立ってくれます。

コーチ メンズのレザーバッグを持ち歩く人がまだ少ないので、人目を引くのかもしれませんね。

男性の皆さん「コーチ メンズのレザーバッグをご自分用に買うなら今がチャンスですよ」。

今ならまだコーチ メンズのレザーバッグを愛用している男性が少ないので、女性に注目されること間違いなし!です。


使っているうちにくったりとして柔らかくなり愛着のわく「コーチ メンズ レザーバッグ」のご愛用をおススメします。

・メンズ レザーバッグの一覧はこちら>> コーチ メンズ レザーバッグ


私の持っているレザーバッグには色違いの「ブラウン」もありました。

コーチ メンズ バッグ COACH 70105SVMA トランス アトランティック マップ ショルダーバッグ ブラウン

コーチ メンズバッグF70105茶色



2.「カウハイドレザー」でつくられたレディースバッグ


オールレザーの水色の「2WAYショルダーバッグ」。パーツ類以外、すべて革製です。店長の金子が愛用しています。

コーチ レディース COACH 14707SVSL ゾーイ レザー 2WAY ショルダーバッグ ブルー

・新品の状態です。

コーチ アウトレット レディース レザーバッグ F14707SVSL

このレディースバッグ(F14707)の「ストーリーパッチ」には次のように刻印があります。

コーチ ストーリーパッチ F14707

・刻印の英文

THIS IS A COACH BAG.

IT WAS HAND-CRAFTED IN CHINA FROM FULL-GRAIN COWHIDE LEATHER .

VARIATIONS IN THE GRAIN ARE A CHARACTERISTIC.

ITS SUPERIOR CRAFTSMANSHIP REFLECT OUR COMMITMENT TO ENDURING QUALITY.


簡単に翻訳すると、「このコーチ バッグ(F14707)は『中国』で作られ、レザー素材は『カウハイドレザー』である。」となります。

この当時の「ストーリーパッチ」には、しっかりと原産国やレザー素材の名称が刻印されていました。


「カウハイドレザー」の説明やコーチ(COACH)のレザー素材については、こちらのブログ『コーチ レザー製品の素晴らしさとグラブタンレザー・革素材の紹介』で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。


・使いはじめてから2年以上経過:上部にくったり感がでています。

店長愛用のコーチ レザーバッグ 14707SVSL

使いはじめてから3年目になりますが、まだまだしっかりとしています。

特別丁寧に扱ってはいないのですが、どこもおかしくなっていません。

多少の汚れが付くのは、しかたありませんけどね。


さすがに新品の頃と比べると、くったり感は増えましたが、破けたりや縫製がほどけたりはありません。

持ち物を常に入れているため、正面のレザー(革)には多少クセがついてしまっています。

ですが「型崩れはほぼない」状態です。

物を入れた状態でしっかりと自立していますし「今のところ使っている上でまったく問題はない」とのことです。


・使いはじめてから2年以上経過しています。

店長愛用のコーチ レザーバッグ 14707SVSL

元々の作りがしっかりとしているため、バッグ全体の型崩れはあまり心配しなくて済みそうです。

毎日斜めがけして持ち歩いていますから、バッグ上部のレザー(革)には体にそうようにクセがついています。

これこそが「エイジング」。味が出てきた結果と言えます。


・使いはじめてから2年以上が経過:新品の頃と比べると汚れはあります。

店長のレザーバッグ 14707SVSL

先に紹介したメンズバッグ同様、レザー表面の光沢感や柔らかさ、さわり心地の良さは、今も健在です。

「気に入っているので、大事に使っていきたいと思っています。」と本人も言っていました。


「雨に濡れたらタオルでふく」程度のケアしかしてないけれど、長く頑張ってくれそうな雰囲気があります。

コーチ(COACH)バッグのレザー(革)素材は品質が元々良いから、型崩れもなく、光沢感もそのままに長持ちしてくれるのだろうと想像できます。

長く愛用できるコーチ(COACH)のレザーバッグに感謝です!


使っているうちにくったりとして柔らかくなり長く愛用できる「コーチ レディース レザーバッグ」のご愛用をおススメします。

・レディース レザーバッグの一覧はこちら>> コーチ レディース レザーバッグ




3.「レディース レザーバッグ」の使用シーンをご紹介


下の写真は、Eストアー社の「プレミアムショップ ミーティング」に招待された時の写真です。

左にいるカウハイドレザーの「レディースバッグ」を斜めがけしている女性がブランドスクエアの店長です。

こんな感じで華やかな席でも活躍してくれるのがコーチ レザーの「レディースバッグ」の魅力です。

Eストアーの社長とブランドスクエアの二人

ちなみに、中央の方は「Eストアー 社長の石村賢一さん」です。

優秀なネットショップの表彰式に招待された時の「プレミアムショップ ミーティング」については、こちらのブログ『Eストアー プレミアムショップミーティング ネットショップ大賞 2012に出席しました。』で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。


ここまで、私たちブランドスクエアのスタッフが愛用している「コーチのレザーバッグ」について書きました。

その良さが皆さまに伝わりましたでしょうか? お伝えできていたら、とても嬉しいです。

あなたもブランドスクエアで、「くたっとしていて柔らかい、愛着がわきそうなコーチのレザーバッグ」を見つけてみてください。

きっと1年後には、レザーのさわり心地の良さに「ホッと」していると思いますよ!


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。


・最新改訂:2017年11月


「コーチ(COACH)レザーバッグがエイジングでくったり柔らかく!」に関連したブログのご紹介!

  1. コーチ メンズバッグ 人気ランキング 2013年

  2. コーチであなたらしさをアピール!その人らしさが現われるバッグ選び。

  3. コーチ アウトレットのスエード、レザー、シグネチャーのストライプバッグ。

  4. コーチのバッグで裏地がシグネチャーだったレザーバッグがありました。

  5. コーチ(COACH)メンズバッグの選び方:シーン別スタイル別おすすめ鞄一覧

  6. コーチ メンズ アウトレット店(ファクトリーストア)買い物体験記


ブランドスクエアなら、コーチ(COACH)のお気に入りがきっと見つかる!


コーチ 激安


ページトップへ