コーチ チェルシーのバッグは「四角いターンロック」金具が特徴です



コーチ(COACH)ファンのみなさん、こんにちは。ブランドスクエアの金子です。

今回は、コーチ「チェルシー・コレクション」(Chelsea Collection)のバッグの特徴をご紹介します。


■コーチ「チェルシー・コレクション」バッグの特徴


コーチ チェルシー バッグ COACH 18960SVPA

ずばり、「チェルシー・コレクション」のバッグの特徴は「金具のデザイン」にあります。

コレクションの進化とともに、アクセントとなる金具のデザインが変化しているのです。

金具のデザインは、目次の順で変化していっています。


■目次

  1. 円形のベルトバックル

  2. ショルダーストラップの長さ調整用や、デザインのアクセントとして採用しています。

    円形のベルトバックル

  3. スナップヘッド

  4. バッグ正面のアクセントとして使用されています。

    スナップヘッド

  5. 四角い横長のターンロック

  6. スナップヘッドに変わって使われることが増えました。

    四角い横長のターンロック

最新のデザインが「四角い横長のターンロック」金具です。次から古い順にご紹介していきますね。

写真は金具がメインになりますので、バッグ全体の雰囲気をご覧になるには品番をクリックしてください。




1.円形のベルトバックル


■「円形のベルトバックル」が4つも付いたオールレザーのハンドバッグ。

コーチ アウトレット COACH 10887 チェルシー レザー サッチェル ハンドバッグ ブラック

コーチ チェルシー ハンドバッグ 10887

正面と背面にそれぞれ2つ「円形のベルトバックル」を付けて、シックな印象のバッグに仕上げています。

ベルトバックルのおかげでクラシカル=昔ながらのデザインを踏襲した高価なバッグ。という雰囲気が出ていて素敵です。


■「円形のベルトバックル」と「ターンロック」も付いた高級感のある作りが魅力のハンドバッグ。

コーチ アウトレット COACH 12334 SV/PH チェルシー レザー サッチェル ハンドバッグ キャメル×ホワイト

コーチ チェルシー レザーバッグ F12334SVPH

私好みの逸品。「チェルシー・コレクション」ではこのバッグが一番好きです。

レザーの質感やステッチの美しさ、ベルトバックルにはCOACHのロゴを入れるなど、ディテールが素晴らしいバッグでした。




2.スナップヘッド


■「スナップヘッド」と「円形のベルトバックル」のダブル使い。

コーチ アウトレット COACH 12336 SV/PH チェルシー レザー フラップ ショルダーバッグ ホワイト×キャメル

コーチ チェルシーのスナップヘッド

バッグの正面に写真のスナップヘッド金具が付けられることが増えました。


コーチ チェルシーのベルトバックル

「円形のベルトバックル」も併用されています。

この時期の「チェルシー・コレクション」は、この「スナップヘッド」と「円形のベルトバックル」の組み合わせが主流で、レザーバッグのみを展開していたようです。


■「スナップヘッド」だけが使われるようになりました。

コレクションの進化とともに、デザインやパーツにも変化があらわれます。

コーチ アウトレット COACH 18393 SKHMA チェルシー PVCキャンバス シグネチャー ボストンハンドバッグ カーキ×マホガニー

コーチ チェルシー ハンドバッグ 18393SKHMA

「スナップヘッド」にも種類があるようで、写真のタイプは若干大きめのようです。

この頃からレザーバッグに変わって、PVC加工が施されたキャンバス生地を採用したバッグがコレクションの主流となりました。

「円形のベルトバックル」はなくなり、「スナップヘッド」だけがアクセントとして正面に付けられています。


■「スナップヘッド」が正面に付いた財布もあります。

コーチ アウトレット COACH 43895 SBRBK チェルシー ストライプ アコーディオン ジップアラウンド長財布 ブラウン

コーチ チェルシー 長財布 43895SBRBK

クラシカルなカラーとデザインが魅力のラウンドジップの長財布。表地はPVCコーティングされています。




3.四角い横長のターンロック


■正面にポツンと付けられた「四角い横長のターンロック」

コーチ アウトレット COACH 17798 SVA3E チェルシー シグネチャー フラップ 斜めがけ ショルダーバッグ カーキ×ブラウン

コーチ チェルシー ショルダーバッグ 17798SVA3E

ショルダーバッグに多いパターンの金具使いです。フラップ開閉の金具兼、ワンポイントのアクセントとして使われています。

デザイン金具らしい雰囲気があって、私は気に入っています。COACHロゴの刻印がさりげないのもいい感じです。


■ベルトデザインの金具として用いられた「四角い横長のターンロック」

コーチ アウトレット COACH 17806 SVBK チェルシー シグネチャー ジェイデン EW キャリオール ハンドバッグ ブラック

コーチ チェルシー ハンドバッグ 17806SVBK

ベルトデザインのバックルとして「ターンロック」が採用されていて、最近の「チェルシー・コレクション」はこのデザインが主流です。

このあたりから、ハングタグが2個付くようにもなりました。


いかがでしたでしょうか。使われている金具の移り変わりを分かっていただけましたか。

もちろん、他のデザイン傾向のバッグもありますが、ご紹介してきた金具を採用したバッグたちが、個人的には「チェルシー・コレクション」らしくていいなと思っています。




さて、少し触れたように、
これまでご紹介したデザインパターン(金具使い)に当てはまらない「チェルシー・コレクション」のバッグもありますので、最後にご紹介しておきますね。


2012年1月号の雑誌に掲載されていた「カタリーナ」(Katarina)です。

「トップにドレープの入るシルエットと、ハーネスのディテールが特徴。」と、雑誌のコメントにありました。

コーチ アウトレット COACH 18959 SVUJ チェルシー パテントレザー カタリーナ ショルダーバッグ ブルーミスト

コーチ チェルシー カタリーナ ショルダーバッグ 18959SVUJ

存在感のあるバッグなのでコーデの差し色はもちろん、大人に決まるコーデを楽しめるバッグになっています。

バッグの正面にはスナップヘッドやターンロックではなく、「コーチのヘリテージロゴ」があしらわれているのが特徴です。

「カタリーナ」には、このパテントレザーの他にもソフトメタリックレザー、シグネチャーがラインナップされていました。


コーチの「チェルシー・コレクション」について、皆さんの見識がこのブログで少しでも深まりましたら幸いです。

「チェルシー・コレクション」をまとめてご覧になりたい方はこちら>> コーチ チェルシー・コレクション


今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございます。

改訂:2018年5月


■「チェルシー・コレクション」に関連したブログのご紹介!

  1. コーチバッグの歴史、デザインの変遷、人気コレクションを紹介するブログ。

  2. コーチ マディソン・コレクションのバッグと財布。

  3. コーチ・エルゴ 人間工学を基にデザインされたCOACHコレクション。

  4. コーチ ペイトン・コレクションのバッグと財布。

  5. コーチ コレットの素敵なハンドバッグとショルダーバッグをご紹介!

  6. 働く女性に大人気! コーチのA4サイズのバッグ特集!


ブランドスクエアなら、コーチ(COACH)のお気に入りがきっと見つかる!


コーチ 激安


ページトップへ