RSS

コーチ(COACH)ブランドの魅力とブランドイメージについて



コーチ(COACH)ファンのみなさん、こんにちは。ブランドスクエアの金子です。

今回は、コーチというブランドの「魅力」と「ブランドイメージ」についてお話します。


コーチ 横浜 ランドマークプラザ店外観

■コーチブランドの「魅力」と「ブランドイメージ」


コーチは、1941年創業とブランドとして長い歴史を保有しているにも関わらず定番アイテムをほとんど持たず、毎シーズン進化したバッグや財布を発表し続けています。

ブランドの長い歴史に安住を求めるのではなく、新しいことにチャレンジする「開拓者精神」(frontier spirit)を持ったブランドといえます。

伝統に基づいた確かなモノづくりの技術と、革新的なデザイン・機能をあわせ持ったアイテムを世界に発表することで、ブランドの「魅力」「イメージ」「価値」を常に高めています。

新しいコーチの発見に魅力を感じるファンが多くいることも、ブランドの財産となっています。


■目次




■「ブランドの魅力」


古いコーチのカタログには「FUNCTION IS AS IMPORTANT AS FASHION.」と記されています。

コーチの製品は「使う方のお役に立つように作られている。」のです。


・コーチは、1941年アメリカ・ニューヨークのマンハッタンで誕生。

歴史のあるブランドです。ブランド名のコーチ(COACH)は、馬車の意味。馬具を縫い合わせるステッチ技術を連想させるものでした。写真のトートバッグの馬と馬車のロゴマーク(絵柄)を、コーチでは「ホース アンド キャリッジ」と呼んでいます。


コーチ 馬と馬車のロゴ入りトートバッグ

※『コーチ「ホース アンド キャリッジ」型押しレザーバッグ・財布一覧』も参考にどうぞ。


1962年、野球グローブから発想を得た使い込むほどに味わいを増す上質な本革「グラブタン・レザー」を使ったレザーバッグが人気を呼びました。

2001年、ファッションセンスを意識したデザイン「シグネチャー」を発表し世界的大ヒットを獲得。

それ以降、着こなしを選ばないベーシックなデザインのアイテムはもちろん、新しく登場するコレクションなど、シーズンごとに進化するバッグや財布を発表し続けているのがコーチの魅力です。

※『コーチ バッグ歴史・デザインの変遷・COACH人気コレクション紹介』も参考にどうぞ。


・ブランドのコンセプトは「アクセシブル・ラグジュアリー」。

高級感があり、かつ手の届く価格帯の商品を世の中に送り出すこと。をブランドの使命としています。

買い求めやすい価格の商品を提供する「アクセシブル・ラグジュアリー」ブランドとして、コーチは世界中の女性の支持を集め続けています。

近年はさらにメンズラインを強化。日本のビジネス街でもコーチのメンズバッグを持つ人が増えています。


・バリエーションが豊富にある。

他のブランドと違ってバッグや財布のデザインが豊富にあります。

様々な色や形のアイテムが、毎シーズン新しく登場します。コーチなら、あなたのお気に入りの逸品がきっと見つかりますよ。


・お手頃価格なアイテムがたくさんある。

コーチのバッグや財布は、他の高級ブランドが販売する価格よりもお手頃な価格に設定されています。

これまでブランド品に縁のなかった方や、はじめてブランド品を購入する方にも、お買い求め頂きやすい価格帯で販売されています。

高額なバッグを1つ持つよりも、お手頃な価格のコーチのバッグを2つ買うほうが、趣の違うコーディネートやファッション、スタイルを2倍楽しむことができてお得です。

普段使いにピッタリな価格帯の商品が揃っているのもコーチの魅力です。


・お手頃価格なのにブランド品。

コーチには「お手頃価格なのにブランド品」というステイタスもそなわっています。

身に付けていてはずかしくなく、どんなシーンにも持っていける、ちょうど良いステイタス感が魅力です。


年に数回しか使わない高級ブランドのバッグより、ちょっと贅沢なコーチのバッグの方が、活用シーンも豊富で楽しい毎日を過ごせそうです。

高すぎるバッグは、汚さないようにとか、キズを付けないようにとか、いろいろと気を使うけど、毎日使いにと気に入って選んだ、ちょっと贅沢なコーチのバッグなら、多少のキズや汚れも許せるって感じです。


※『コーチ アウトレット バッグ 鞄のお手入れ・汚れ落し・保管方法。』も参考にどうぞ。

※『コーチ(COACH)アウトレット商品の修理・交換の事例を公開中!』も参考にどうぞ。




■「ブランドイメージ」


コーチは、新鮮なブランドのイメージをつねに保ち続けたいと考えています。


・コーチでは新しいデザインのバッグや財布が、月に1度発表されています。

これほど短いタームで新作を発表するのは、ブランドバッグの世界でもコーチくらいではないでしょうか。

その目的は、「新しさの追求」です。

「コーチのお店に行けば、つねに新しいデザインのバッグが待っている!」という「ブランドイメージ」を消費者に持ち続けてもらいたいのです。


コーチ製品にはいわゆる定番というものがないのです。

たとえヒットしたアイテムでも長く売ることはぜず、素材や形、デザイン、ディテールなど、お客のニーズに合うようにさらに進化させて発表します。


その例が、1973年に発売されて大ヒット商品となった「ダッフルサック」です。

2012年により洗練されたデザインに進化して、レガシー・コレクションから「ニュー・ダッフル」として発売されています。

・デザインが進化した「ダッフルサック」の商品ベージはこちら>>
コーチ レディース 34407GLDP0 ダッフル カーフ レザー 斜めがけ ショルダーバッグ 茶色

コーチ レザー ダッフルバッグ34407茶色

この「新鮮なブランドのイメージをつねに保ち続けたい」「新作をつねに発表し続ける」という姿勢は、
ブランドの元エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターであったリード・クラッコフ(Reed Krakoff)氏が、
「お気に入りはいつも最新のデザイン。」と言っていることからもうかがえます。


・コーチの伝統的な金具「ターンロック」もデザインが進化しています。

「ターンロック」のような、バッグにつけられる金具のデザインにも進化を求めています。


コーチの「ターンロック」とは

コーチ初期のデザイナー「ボニー・カシン」が考案した回転式の留め具。バッグの荷室やポケットのフラップの留め具として、さらにはパンプスのアクセントとして使われることもあります。

コーチ レザーバッグのターンロック

※『コーチ レディースバッグ・メンズバッグ かばん用語の基礎知識』も参考にどうぞ。


ブランドの伝統的なアイコン「ターンロック」も、斬新なデザインが次々と発表されています。

※「四角い形のターンロック」もあります。ぜひ、こちらのブログもご覧ください>>
コーチ チェルシーのバッグは四角いターンロック金具が特徴です。


■参考図書:コーチ 進化するブランド 小学館


コーチの「魅力」と「ブランドイメージ」をまとめると、

  • 「魅力」は、ブランド品なのに買い求めやすい価格帯の商品が豊富に揃っている。

  • 「ブランドイメージ」は、商品はつねに新鮮・新しいデザインである。

ということになります。

今回はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございます。


■「コーチ(COACH)ブランドの魅力とブランドイメージについて」に関連したブログのご紹介!

  1. コーチ(COACH)ブランドの商品は、どこの国で作られていますか?

  2. コーチの正規店で買い物したときにもらったレガシーストライプの紙袋。

  3. コーチ付録 COACHトラベルクロックを入手!モノマックス2014年1月号

  4. コーチ付録 2013年11月28日発売雑誌 with×COACHのコラボおまけ特集!

  5. コーチ クリスマス ラッピング|COACHブティック店 公式通販の事例


■ブランドスクエアなら、素敵なコーチの逸品がきっと見つかる!


コーチ 激安