RSS

コーチ(COACH)アウトレット商品の修理・交換の事例を公開中!



「コーチ(COACH)のアウトレット品は修理ができるのかな!?」と、
お悩みの方の参考になりましたら幸いです。


コーチ(COACH)アウトレット商品の「修理」と「交換」の事例


「バッグと財布の修理」、「財布の交換」についてお話します。


■まずは「コーチ・カスタマーサービス」へ相談してみる。

私は何度か、コーチに「アウトレット品の修理や交換」を依頼しています。その度に、コーチのカスタマーサービスへ電話しているのですが、その電話対応は素晴らしいので、コーチ(COACH)製品で何か困ったことがあるのなら、まずは電話でご相談されてみることをお勧めします。


下記のコーチ・カスタマーサービスへ直接ご連絡してみてください。親切に対応してくれますよ。

コーチ・カスタマーサービス

 フリーダイヤル:0120-556-915

 営業時間:月曜〜土曜 10時〜20時(日曜・祝日・年末年始は休業)

 すべて2013年7月現在の情報です。


コーチ・ストアには、修理について専門的な知識を持つ「リペア・スペシャリスト」が在籍しています。

私はまだお会いしたことはありませんが、正確な修理方法や、修理にかかる金額、仕上がり具合などを詳しく説明してくれるそうです。「リペア・スペシャリスト」は、全国のコーチ・ストアに在籍しているそうなので、店頭で修理について相談してみるのも良さそうですね。「ハンマー」のロゴが入ったピンバッジを着けている方が「リペア・スペシャリスト」とのことです。


■新宿の旗艦店には「修理工房」を併設!

2014年10月にオープンした新宿の旗艦店には、カスタマーサービスとよばれる修理工房も設置されました。皮革用ミシン、モノグラミング専用工機などを配備し、「糸ほつれ」や「金具交換」などの修理を対面で施してくれます。

修理を担当するのは、コーチ・ストアの販売員でありながら、革製品の大手修理工房で長期研修を経験した専属スタッフ達とのこと。対面接客の細やかなカウンセリングが評判とのことですから、修理でお悩みでしたら一度、足をはこばれてみてもいいかもしれませんね。


■コーチ(COACH)製品の「修理」と「交換」の3つの事例をご紹介。




事例1.バッグの「縫い直し修理」


サンフランシスコから商品が到着するたびに、ブランドスクエアでは検品を行っているのですが、
検品の時に「糸がほつれているバッグ」を見つけました。


・糸がほつれていた部分の拡大写真。

コーチ バッグ 修理前

「糸のほつれた部分があるのですが。」と、コーチ・カスタマーサービスへ相談したところ、
すぐに修理に応じてくれました。

「購入時のレシートがある」こと、「買ってから1ヶ月以内であった」ことから、
「無料」で対応していただきました。購入した場所が海外であっても問題ないとのことです。


・「糸のほつれ」修理完了後の写真。

コーチ バッグ 修理完了

しっかりと縫い直されており、とても満足のいく仕上がりでした。


返送時の梱包も、とても丁寧でしたので写真でご紹介します。

コーチ バッグ 返却時の梱包

「修理についてのご案内」という手紙も入っていました。
修理を依頼してから3週間ほどで返送されてきましたので、待たされたという印象は受けませんでした。


このように、スタッフがサンフランシスコで購入し、
ブランドスクエアが販売する「コーチ(COACH)のアウトレット品」は、すべて本物なのでちゃんと修理が可能です。どうぞ安心してお買い求めください。


*ご注意ください。

たとえ「本物」であっても、コーチ アウトレット(ファクトリーストア)の商品は、購入から1ヶ月が経過した商品の修理は「有償」となります。

国内のアウトレット店(ファクトリーストア)で買い物するともらえる「カード」にも修理期間についての記載があります。裏面に「下記お買い上げ日より1カ月間が修理保証期間となります。」と書かれています。


コーチ・ファクトリーストアでもらったカード

(このカード、アメリカのアウトレット店ではもらえません。レシートだけで対応してくれます。)


日本国内で買った製品も1ヶ月過ぎると「有償修理」となりますから、アメリカで購入した製品と条件は同じです。「本物」であれば買った国・地域に関係なく、ちゃんと修理に応じてくれるので安心ですね。


「ハワイに行った記念に買ったコーチのカバンを、日本で毎日使って、ほつれた部分を修理する。」といシチュエーションは、今や当たり前ですよね。東南アジアからの旅行客が日本に来て「コーチのバッグ」を買って帰り、タイで修理することもあるはずです。


購入した国や地域によって「無償修理の期間に違いがない」のは、グローバルで活動する企業「COACH」にとっては当然の対応なのだと思います。




事例2.財布の「スナップ修理」


財布の「スナップボタン」が外れそうになってしまったので、正規ストアに行って相談してみました。


「2,000円程度で直りますよ。」とすぐ回答してもらえたので、その場で修理を依頼しました。

年末の繁忙期でしたので「修理してお戻しできるまで1ヶ月以上かかります。」と言われたのですが、
それでも3週間ほどで戻ってきました。通常は3週間程度で修理は完了するみたいですよ。


・その時の「COACH 修理受付票」

COACH修理受付票

その他にも、正規ストアにバッグを持っていくと、
ショルダーストラップの金具(ドッグリーシュ)のバネにオイルをさして動きをよくしてくれたり、
レザー製品には「レザーケア用のクリーム」を塗ってくれたりと、何かと親切にしてくれます。


コーチ・ストア(直営店)では、「リペア・スペシャリスト」ではない店員さんも、気軽に相談にのってくれるので、修理したいお品を直接ストアに持っていかれてもいいかと思います。


とはいっても、国内未発売の商品や、商品の状態、構造、素材などによっては、修理できないケースもあるようです。事前に、電話で「カスタマーサービス」に相談するのが無難だと思います。




事例3.財布の「交換」


下の写真を見てください。財布のレザーが破けてしまっています。

そのことを、コーチ・カスタマーサービスに相談したところ「無償で新品と交換」してくれました。


アメリカのアウトレット店で買って「1ヵ月以内に発行されたレシート」を持っていたので、対応してくれたのです。日本では販売していないモデルであったため、わざわざアメリカから新品の交換品を取り寄せてくれました。


・左:交換前の財布の状態。 / 右側:新品が送られてきた時のもの。

コーチ財布の修理写真

「これより1ヵ月以内に製品の不具合による修理が発生した場合、無償で対応します。」という手紙が、
新品の財布と一緒に添えられていました。

とても親切に対応してくれました。ありがとうございました。




申し訳ございません。ブランドスクエアでは、修理は受付けておりません。


ですが、事例でご紹介したように、

ブランドスクエアが販売している商品はすべて、コーチ(COACH)アウトレットの「本物」なので修理可能です。お手数でも、お客様ご自身でコーチ・カスタマーサービスへご相談ください。


もちろん、ブランドスクエアにご相談いただいても結構です。
わかる範囲でお話しさせて頂きますので、お気軽にお電話ください。


■ブランドスクエア

・電話番号:042-390-0870

・営業時間:月曜〜金曜 10時〜18時(土曜・日曜・祝日は休業)

ブランドスクエアにお気軽にお電話ください。

コーチ 激安